アサヒ地水探査株式会社 アサヒ地水探査株式会社
 アサヒ地水探査株式会社
会社概要
Web-GIS
 地質地盤情報データベース
 G-SpaceU
調査
 一般地質調査
 土壌・地下水汚染調査と対策
 EDCバイオレメディエーション
 土壌汚染対策法に基づく
 指定調査機関の情報開示
計測システム
 水位計・水質計 取扱製品一覧
 GFD地下水流向流速計
 計測機器レンタル
 Web計測システム
 (リアルタイム遠隔監視システム)
 TROLLシリーズユーザーサポート
お問い合わせ
  お問い合せフォーム
  TEL:03-3478-7216
  FAX:03-3478-1015





 揮発性有機塩素溶剤(VOC)から重金属汚染まで広範囲に対応    
土壌・地下水汚染調査と対策

豊富な経験と高い技術力で、土壌・地下水汚染のトータルサポート


 PhaseT アセスメント(土地利用履歴調査 等)
  • 土壌汚染対策法に対応した地歴調査;1〜2週間/10〜50万円/1件
  • グローバルスタンダードな地歴調査(ASTM規格);1〜3週間/20〜50万円/1件
  • 不動産/資産管理に適した簡易地歴調査;1〜7日/1〜5万円/1件
  • 他社調査報告書のレビュー;1〜2週間/10〜20万円/1件(1〜3冊)


 PhaseU 調査(土壌汚染状況調査 等)
  • 特定の懸念に対しての環境評価を目的としたホットスポット調査
  • 『汚染のおそれ(土壌汚染対策法)』『認定環境状態(RECs;ASTM)』等の汚染範囲の確定、あるいは対策方針の確定を目的とした調査
〔期間のめやす〕
 報告書提出まで3週間、概況(表層)調査;1〜2日(〜30,000m2)、
 深度方向(ボーリング)調査;1日(〜4地点/〜深度10m)、
 現地調査実施後の分析期間;1日(土壌ガス)、
 2週間(地下水/土壌)、1ヶ月(ダイオキシン)

〔費用のめやす〕
 概況(表層)調査;100〜400m2
 深度方向(ボーリング)調査;50〜100万円/4地点
 分析及び報告書作成費込みとして、100〜200万円


 PhaseV 対策
  • 地下水汚染/土壌汚染対策措置 管理/監修
  • 地下水汚染/土壌汚染対策措置 実施
 〔汚染リスクの管理措置〕作業は複合的に実施
  ・流体シミュレーション;30万円〜/1式、
   地下水モニタリング;数千円〜/1地点/1回
  ・飛散防止措置(被覆/舗装);数日/数千円〜/m2

 〔汚染リスクの浄化措置〕作業は複合的に実施
  ・生物的分解(EDC注入 等);数ヶ月〜数年/5千円〜/m3
   ガス吸引;数年〜/1万円〜/m3地下水揚水;数年〜/1万円〜/m3
   掘削除去;数週間〜数ヶ月/4万円〜/m3



 PhaseW フォローアップ(Closure)
  • 各種届出支援(土対法/水濁法/下水道法/保健所)、プロジェクトマネジメント(環境部門)、リスクコミュニケーション支援(住民説明会等 企画/支援、既存環境設備(井戸等)の有効利用提案/修理・補修・点検作業、英文報告書対応




資料ダウンロード
   
 





ホームサイトマップサイトご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(c)2004-2010 Asahi Geo Survey co.,ltd. All rights reserved.