横浜ゴムのイベントへ今年も参加
多彩な催事、多くの人が楽しむ!

日時 2018年11月10日(土)

場所 横浜ゴム平塚製造所

来場者 3,400名「過去最高」

生物多様性パネルディスカッションが開催され。金目川水系流域ネットワークの柳川三郎がパネリストで参加しました。テーマは「平塚の水辺のために何ができるか、−地域連携による川の生物多様性保全―水辺の生態系を守るを主眼に行われました。

また、好評の「ザリガニ」釣りは金目川水系流域ネットワーク・神奈川県湘南県政センター企画調整課の職員・横浜ゴムの職員と共に行い、子供たちが次から次と押しかけました。混雑を避けるために、終日並んで待っている人たちが多数の大盛況でした。

「ザリガニ」の甲羅の魅力、強い左右のツメに挟まれそうになって素早くさける子どもたち。「ザニガニ」は釣り糸の餌にちょっとふれて逃げるのが普通でした。釣れた時の笑顔が純真で晴れやかな一瞬です、釣れた褒美が、さらに喜びを増やしていました。

生き物とのこの体験は忘れがたい思い出になると確信しました。また、ほかの出店コーナーも終日の賑わい銀座の盛況でした。